インストール手順

ディレクトリ構造

PowerBuyer6.5のディレクトリ構成は以下のようになっています。

各実行ファイル置き場

  • \PowerBuyer65
    • \PowerBuyer65\PB60_MAKEDATA\setup.exe

      母艦PC上で実行する、データ抽出ツール

    • \PowerBuyer65\PowerBuyer65.cab

      Windows Mobile端末へのインストーラ(端末上で実行します)

体験版の場合

体験版のファイルの意味は以下の通りです。

  • PB60_MAKEDATA.exe

    自己展開ファイルです。母艦PC上で実行する、データ抽出ツールです。

  • PowerBuyer65.cab

    Windows Mobile端末へのインストーラ(端末上で実行します)

PCでの準備

ActiveSyncのインストール(Windows XP,2000の場合)

以下のページを参照し、最新版のActive sync(このドキュメントを書いている時点のバージョンは4.5です)をインストールしてください。

Active sync4.5ダウンロードページ

WindowsMobileデバイスセンターのインストール(Windows Vista,Windows7の場合)

Windows Vistaの場合には、ActiveSyncではなく、Windows Mobileデバイスセンターをインストールしてください。

詳細手順は以下のサイトをご確認ください。 Windows Vista 用 Windows Mobile デバイス センター 6.1

.Net Framework 2.0のインストール

以下のページを参照し、最新版の.Net Framework 2.0をインストールしてください。

.Net Framework 2.0ダウンロードページ

.NET Compact Framework 3.5のインストール

ACtivesyncをインストールした後、Windows Mobile端末を接続した上で.NET Compact Framework 3.5のインストールを行ってください。 PC側でインストーラを実行すると、ActivesyncでインストーラファイルがWindows Mobile端末に転送され、インストールがWindows Mobile端末側で行われます。 すでに一度母艦にて.NET Compact Framework 3.5インストーラを実行している場合、プログラムの追加と削除から修復を選ぶと、再度Windows Mobile端末への転送が行われます、Windows Mobile端末をハードリセットしている場合には、このインストール方法が便利です。

詳細手順は以下のサイトをご確認ください。

.NET Compact Framework 3.5

Windows Mobile端末へ転送するデータの作成

PB60_MAKEDATAの実行

  1. PowerBuyer6のCD-ROMをPCへ挿入し、PB60_MAKEDATA下のsetup.exeを実行
  2. アプリケーションのインストール - セキュリティの警告が表示されます。確認のうえ、インストールで次へ進む
  3. オンラインにてバージョンチェックが実行される場合があります。そのまま次に進んでください。

コミックマーケットカタログCD-ROMからデータの抽出

PB60_MAKEDATAが完全に起動した時点でCD-ROMをコミックマーケットカタログCD-ROMへ入れ替えてください。

  • 基本データディレクトリ

    選択ボタンを押し、カタログCD-ROMのルートディレクトリを指定してください。

  • PDATAdir

    カタログCDROMのPDATAディレクトリを指定します。

  • MDATAdir

    カタログCDROMのMDATAディレクトリを指定します。

  • CDATAdir

    カタログCDROMのCDATAディレクトリを指定します。

  • データ出力dir

    カタログから抽出したデータの保存先ディレクトリを指定します。 デフォルトではデスクトップのPBDATAディレクトリが指定されています。

  • 開催番号

    カタログのコミケ開催番号を指定します。2009年12月開催のコミックマーケットの開催番号はC77となります。

  • 解像度選択

    サークルカット画像の解像度を選択できます。今回かなりプログラム本体のメモリ使用量が増えているので、機種によってはメモリ不足が頻発する場合があります。ご注意ください。

画像データはすでに抽出済みで、ネットワーク更新でデータベースの更新のみ行いたい場合は、データベース更新のみを選択してください。

機種名 DRAM容量 解像度
W-Zero3 WS003SH64MBytes標準解像度
W-Zero3 WS004SH64MBytes標準解像度
W-Zero3[es] WS007SH64MBytes高解像度
EM-ONE  EM-ONE128MBytes高解像度
W-Zero3[es]Advanced WS011SH128MBytes高解像度
Willcom 03 WS020SH128MBytes高解像度
  • ファイル形式

    データベース生成時に読み込むファイルの形式を選択します。 C75,C76,C77の場合はデフォルトのままで問題ありません。

設定が終了したらスタートを押してください。数分程度時間がかかるため、そのまましばらくお待ちください。

作成が完了すると、ダイアログが表示されます。OKを押して次へ進んでください。

サークルカットの元サイズ値が表示されているので、必ずこの値は記録しておいてください。 (通常は必要ありませんが、Config設定の際に必要になる場合があります)

抽出したデータの転送

作成されたPBDATAディレクトリをそのままWindows Mobile端末にコピーしてください。 Active sync経由またはカードリーダなどを使用して、直接SD/miniSD/microSDメモリカードへファイルをディレクトリごと転送してください。

Windows Mobile端末での準備

下準備

  • Active syncのインストール
  • .NET Compact Frameworkのインストール
  • PBDATAデータの転送

上記手順はすでにここまでの手順で完了しているため、手順は割愛します。

Windows Mobile端末へのCABファイルの転送

  • Windows Mobile端末へCABファイルを転送

    PowerBuyer65.cabをPowerBuyer6.5のCD-ROMからWindows Mobile端末へ転送します。

  • CABファイルからインストールの実施

    転送したファイルをファイルエクスプローラで開き、インストールを実施します。 インストール先は任意に選択をしてください。

  • スタートメニューにアイコンが登録されているので、実行の際はそちらをクリックしてください。

PowerBuyerの初回起動

最初の起動では、Configファイルが設定されていないため、エラーダイアログが表示されます。 画面右下のMenuからConfig設定を選択し、初期設定を行ってください。

コンフィグ設定

Config画面の立ち上げ

画面右下のMenuを開き、コンフィグ設定を開いてください。 具体的な設定方法はこちらを参照してください。

インストール完了

上記のステップにてインストールは完了です。 スタートメニューからPowerBuyerをご使用ください。

アンインストール方法

以下のページをご参照ください。 アンインストール方法