インストール方法

PCでの準備

Active syncのインストール

以下のページを参照し、最新版のActive sync(このドキュメントを書いている時点のバージョンは4.5です)をインストールしてください。

Active sync4.5ダウンロードページ

.Net Framework 2.0のインストール

以下のページを参照し、最新版の.Net Framework 2.0をインストールしてください。

.Net Framework 2.0ダウンロードページ

.NET Compact Framework 3.5のインストール

ACtivesyncをインストールした後、PDAを接続した上で.NET Compact Framework 3.5のインストールを行ってください。 PC側でインストーラを実行すると、ActivesyncでインストーラファイルがPDAに転送され、インストールがPDA側で行われます。 すでに一度母艦にて.NET Compact Framework 3.5インストーラを実行している場合、プログラムの追加と削除から.NET Compact Framework 3.5を選択肢、修復を選ぶと、再度PDAへの転送が行われます、PDAをリセットしている場合などには、このインストール方法が有効です。

詳細手順は以下のサイトをご確認ください。

.NET Compact Framework 3.5

PDAへ転送するデータの作成

PB50_MAKEDATAの実行

  1. PowerBuyer5のCD-ROMをPCへ挿入し、PB50_MAKEDATA下のsetup.exeを実行してください。
  2. アプリケーションのインストール - セキュリティの警告が表示されます。確認のうえ、インストールで次へ進んでください。
  3. オンラインにてバージョンチェックが実行される場合があります。これはVisual Studioで作成したインストーラ特有の、バージョンチェックの挙動ですのでそのまま次に進んでください。

コミックマーケットカタログCD-ROMからデータの抽出

PB50_MAKEDATAが完全に起動した時点でCD-ROMをコミックマーケットカタログCD-ROMへ入れ替えてください。

  • 基本ディレクトリ

    選択ボタンを押し、カタログCD-ROMのルートディレクトリを指定してください。

  • PDATAdir

    カタログCDROMのPDATAディレクトリを指定します。

  • MDATAdir

    カタログCDROMのMDATAディレクトリを指定します。

  • CDATAdir

    カタログCDROMのCDATAディレクトリを指定します。

  • データ出力dir

    カタログから抽出したデータの保存先ディレクトリを指定します。 デフォルトではデスクトップのPBDATAディレクトリが指定されています。

  • 開催番号

    カタログのコミケ開催番号を指定します。2008年8月開催のコミックマーケットの開催番号はC74となります。

  • 解像度選択

    サークルカット画像の解像度を選択できます。今回かなりプログラム本体のメモリ使用量が増えているので、機種によってはメモリ不足が頻発する場合があります。ご注意ください。

画像データはすでに抽出済みで、ネットワーク更新でデータベースの更新のみ行いたい場合は、データベース更新のみを選択してください。

機種名 DRAM容量 解像度
W-Zero3 WS003SH64MBytes標準解像度
W-Zero3 WS004SH64MBytes標準解像度
W-Zero3[es] WS007SH64MBytes高解像度
EM-ONE  EM-ONE128MBytes高解像度
W-Zero3[es]Advanced WS011SH128MBytes高解像度
Willcom 03 WS020SH128MBytes高解像度
  • ファイル形式

データベース生成時に読み込むファイルの形式を選択します。 C74の場合はデフォルトのままで問題ありません。 C74以前のデータベースファイルを利用する場合、旧ファイル形式を選択してください。

設定が終了したらスタートを押してください。数分程度時間がかかるため、そのまましばらくお待ちください。

作成が完了すると、ダイアログが表示されます。OKを押して次へ進んでください。

サークルカットの元サイズ値が表示されているので、必ずこの値は記録しておいてください。 (通常は必要ありませんが、Config設定の際に必要になる場合があります)

抽出したデータの転送

作成されたPBDATAディレクトリをそのままPDAにコピーしてください。 Active sync経由またはカードリーダなどを使用して、直接SD/miniSD/microSDメモリカードへファイルをディレクトリごと転送してください。

PDAでの準備

下準備

  • Active syncのインストール
  • .NET Compact Frameworkのインストール
  • PBDATAデータの転送

上記手順はすでにここまでの手順で完了しているため、手順は割愛します。

PDAへのCABファイルの転送

  • PDAへCABファイルを転送

    PowerBuyer5.cabをPowerBuyer5のCD-ROMからPDAへ転送します。

  • CABファイルからインストールの実施

    転送したファイルをファイルエクスプローラで開き、インストールを実施します。 インストール先は任意に選択をしてください。

  • スタートメニューにアイコンが登録されているので、実行の際はそちらをクリックしてください。

PowerBuyer5の初回起動

最初の起動では、Configファイルが設定されていないため、エラーダイアログが表示されます。 画面右下のMenuからConfig設定を選択し、初期設定を行ってください。

コンフィグ設定

Config画面の立ち上げ

画面右下のMenuを開き、コンフィグ設定を開いてください。

具体的な設定方法はこちらを参照してください。

MENUからのコンフィグ設定の方法

インストール完了

上記のステップにてインストールは完了です。

スタートメニューからPowerBuyer5をご使用ください。

アンインストール方法

以下のページをご参照ください。 アンインストール方法