Menu

コンフィグ設定

  • ベースディレクトリ

    PBDATAを転送した転送先ディレクトリを指定します。 ここを設定すると、他のディレクトリの内容も一度に設定されます。

  • データベースファイル名

    CCATALOG.dbファイルを指定します。

  • PDATAディレクトリ

    サークルカットが保存されたディレクトリを設定します。

  • MDATAディレクトリ

    マップデータを保存したディレクトリを設定します。

  • CSVファイルディレクトリ

    チェックリストのデフォルト保存先を指定します。

  • 画像サイズXY

    サークルカットの画像データの元ファイルの縦横サイズを記載します。PB_GRPCONVの表示値を設定してください。デフォルト値で問題ありません。

  • コミケ開催番号

    C71等、任意に指定してください。

  • 初期ページ

    サークルカットページの初期値を指定してください。

  • WSIM設定

    3つの値で位置情報検出を調整します。 左から順に、以下のような意味を持っています。

    • この値より電界強度の差の絶対値が少ない場合にその測定点を重要視する
    • この値より一致したアンテナの数が多い場合にはその測定点を重要視する
    • ダミー(倍率係数として利用予定)

設定後、画面右下のOKで設定ファイルを作成します。 この設定の後は、念のため一度PowerBuyer3を再起動してください。

ファイル読み込み設定

  • リスト読み込み

    チェックリストの選択ダイアログが表示されます。指定したチェックリストファイルを読み込みます。

  • リスト保存

    チェックリストの選択ダイアログが表示されます。指定したチェックリストファイルへリストを保存します。

  • リスト全消去

    現在のチェックリストをクリアします。(ファイルはクリアしません)

  • リスト自動セーブ

    リストに変更が 加わるたびにリストファイルを書き込む設定です。 動作が遅くなりますが、機器が不安定な場合などにご活用ください。

MAP数字消去

縮小表示や、チェックリストのカラー表示をハッキリさせたい場合に、MAPの数字を消せます。

デフォルトではOFFになっていますが、選択することでON/OFFがトグルで切り替わります。

MAPDRAW消去(手書きデータの消去)

手書きデータを消去します。

MAP自動セーブ

このチェックがオンになっている場合、 MAPの切り替わりの際にファイルへ手書きデータを保存します。 (このオプションがついているときのみ、手書きデータが保存されます。)

about

バージョンを表示します。

スタートバー切り替え

通常は非表示のスタートバーの表示をします。 TODAY画面や他のアプリの画面を見るためにはスタートバーの表示切替を行ってください。

位置情報検出

現在表示中のMAPを対象に、W-SIMを使用した位置情報検出を試みます。 位置情報検出後、ダイアログを開き現在の位置に現在時刻を記入するかを聞いてきます。

終了

アプリケーションを完全に終了します。